挙式会場のスタイルについて

結婚式を挙げる場、つまり挙式会場を選ぶことは、そのまま結婚式のスタイルを選ぶことと言えます。古くは自宅で行われていた日本の結婚式は、やがて神社や教会といった宗教色の強い場所でとり行われるようになり、現在はそれ自体を専門としたいわゆる結婚式場という名の施設、あるいはクオリティーの高さを誇るホテル、そして手作り感や貸切り感の利点などを前面に押し出すゲストハウス、あるいはカジュアルさと気軽さを併せ持つレストランウェディングなど、多種多様の場でとり行われるようになりました。

Wedding Items, Inspiration, Trends, Gifts & Registry

現在、日本で最も支持を集めている挙式会場形式は、ホテルウェディングであるという調査結果があります。ホテルはそもそも家具調度品や付帯設備が豪華であり、雰囲気自体が特別であることが大きな利点です。もちろん、遠方からの参列者にとって宿泊施設が併設されている、というより宿泊施設そのものであるということは非常に利便性が高いということなのでしょう。かかる費用はおそらく最も高い部類になるにしても、一生に一度の晴れ舞台であれば、決して惜しくはないのかも知れません。なによりその費用に見合うだけのサービスとクオリティーを提供してくれるという安心感が、ホテルウェディングというブランドイメージを支えているのです。


ホテルが本来は宿泊施設であるのに対し、結婚式専門の施設、いわゆる専門式場は、宿泊施設を併設していないものも多くあります。しかし、これらの施設の多くは結婚式に特化することで究極のサービスとクオリティーを実現しようとしているのです。そもそも費用が潤沢であるならば、それに見合うだけのサービスやクオリティーが提供されるのは当然のことかも知れません。専門式場は、ホテルほどの高額な費用をかけなくとも、それに近い、あるいはそれ以上のサービスとクオリティーを実現しようとしており、実際結婚式に不要な要素は施設として全て過ぎ落とす半面、移動のスムーズさや雰囲気の豪華さ、あるいは独特な演出を可能にする舞台装置など、その施設でしか味わえないアイテムや心地よさが支持を集めています。

Your Wedding in the Church of England

自宅ウェディングという本来の様式に戻ったとも言えるゲストハウスは、家を一見借り切った形で行われます。自分たちで作り上げる結婚式として、最も自由度が高いと言えるかもしれません。いずれも特徴を持った会場ですが、何が自分達にぴったりなのか、考えるのは楽しいことに違いありません。

syshl_挙式